お腹の弱い方必見:朝ヨーグルト習慣で腸内環境正常化

朝ごはんは一日の始まりであると共に、眠りからさめた体が
最初に摂取する「燃料」でもあります。

大学時代の私は、毎朝「トースト一枚」に「紅茶」と決めていました。

何かこだわりがあったわけではなく、単に家族がそうしているから
私もそれでいいかと思っていました。

ただ、通学中に必ずと言っていいほどお腹を下す原因が
まさかトーストにあるとは考えもしなかったのです。

私は、朝からがっつりいけない人でした。

端的に言うと、起きぬけの体に「バター」と「カフェイン」がだめだったのです。

その後いろいろと試してみたものの、ご飯ではあまりにもお腹にたまりすぎて
昼が食べられなくなり、スープでは逆に昼前からお腹が空いて、とうまく嵌りませんでした。

今の習慣は「朝ヨーグルト」です。

朝は、自家製のカスピ海ヨーグルトに蜂蜜を入れるだけ、それっきりと決めました。

甘くてなめらかですし、どんなに寝ぼけていても、
カスピ海ヨーグルトならスープのように飲めます。

冷蔵庫から出したてだとお腹が冷えるので、
毎朝、器にそそいで30秒レンジでチン。

これだけなら中の乳酸菌も死滅せず、朝から快適に過ごせるようになりました。

更に付け加えると、ここ数年、便秘にもなっていません。

よろしければ、一度お試しください。
syukan7

サブコンテンツ

このページの先頭へ