コーヒーから始まる朝

就職をしてから8年間一人暮らしをしていました。

大人になったら飲めるようになると思っていましたが、
大人になってもコーヒーは苦くて飲めませんでした。

no26-1

紅茶も緑茶も苦くて飲めず、職場でももっぱら甘い乳製品と
ジュース、水ばかり飲んでいました。

そんな私も結婚して毎日朝に旦那のお弁当を作るようになったのですが、
ちょうど3年程前の9月頃、北海道では冷え込む朝がたまにあります。

目が開かないうちに旦那より先に起きるのは慣れるまでは苦痛でした。

なにかいい方法はないかと考えていた時にちょうどドリップコーヒーを頂いたので
貧乏性の私は捨てるのももったいないし、寒い朝は暖かいものが飲みたいと思って
試しに飲んでみたんですけどやっぱり苦かったんですね。

でも他に暖かい飲み物もなかったので、何日か続けて飲んでいるうちに
自分好みの砂糖とミルクのバランスがある事に気が付きました。

ブラックはいまだに苦くて味もわからないんですが。

甘すぎてもダメ、ミルクはたっぷりといったこだわりまで出てきました。

自分より先にコーヒーを好きになる人もこんな風に自分の黄金ブレンドがあるのかなぁと思いつつ、
今では毎日旦那が起きる前の少しの時間が私の至福のひとときになりました^^

サブコンテンツ

このページの先頭へ